お知らせ

取材)雑誌「プレジデント」2015年10月26日

本日、雑誌「プレジデント」最新号(2015年11.16号)が発売されました。
その中の特集記事として、先日、取材協力させていただいた記事が掲載されました。

【男にだまされやすい女、女にだまされやすい男】

president

だまされやすい人には共通した傾向があります。
人がよくて、他人を疑わず、頼まれたら嫌とはいえないタイプです。

・上司から無茶な仕事を頼まれて、引き受けていませんか?
・新聞の勧誘は断われますか?

人を騙そうとする人間は、あなたの心のスキを見つけます。自分は安心が危険です!
過去に、こんな実例がありました。

「私はスペイン王室の血筋を引く者なの。自国に戻ればお金はあるけど、今は国の情勢がよくないからお金を引き出せない。貸してほしいの」

騙される要因はどこにあるでしょうか。
恋愛経験が乏しい、40歳を過ぎて結婚を焦ることも要因と1つとなり得ます。
そして何より、あなたを信頼して頼ってくるところに心を打たれます。
スペイン王室である必要はありませんが「恋は盲目、私の目は節穴」とはよく言ったものです。


男性は「見栄を張る」生き物?

president_2

キャバクラにハマる男性はたくさんいます。
消費者金融で借金をして、自分のカバンと腕時計を質入れしてお金を工面する。
20代の可愛いお姉ちゃん、50代のしとやかなお姉さん。
エレベーターを上がって扉を開ければ、そこにはドレスを身にまとい正装した女性たちが出迎え、非日常の世界でキラキラパラダイス。

頭を下げて「いらっしゃいませ」
スリットスカートは歩く度にふわふわと揺れ、わずかに溢れる白い肢体がチラり。
ミラーボールで店内はキラキラと、レーザー照明を浴びて自分は主役なんだと俳優色の極み。
女性が隣に腰掛け、わずか50cmの距離で見つめられて「お仕事お疲れさまです、乾杯しましょう」
あでやかで、艶やかな口元。

これにときめかない男性なんて私は知りません(ブログ担当者:H)。

「よしよし、一緒に飲もう」と高いお酒を注文しては、おねだりと「いいよいいよ」のお愛想。
飲み代は簡単に財布を用済みにするばかりか、プレゼントでも空っぽになります。

 

▼女性がこう言います。

「この指輪、お客さんに買ってもらったの!」

他のお客さんに見せつけてライバル心を煽り、ブランド品をねだるのはよくある話です。
(でもちょっと待って!)
同じ型、同じ色のブランドバックを複数のお客さんに買ってもらい、1つを残して残りはお金に替える方法があります。そうすれば、どの相手に対しても売り払ったことはバレません。

お客さんA「あの子、僕が買ってあげたバックを使ってくれている」

お客さんB「まだ使ってくれているんだ、健気で可愛いな」

お客さんC「僕も同じバックを買って、おそろいにしようかな」

男の浅はかさを狙った技はまさに錬金術、貴金属から金を生み出すことに成功しました。


最新号「PRESIDENT 2015年11.16号」
2015年10月26日(月)発売 690円(税込)
プレジデント:http://www.president.co.jp/pre/

調査一覧
料金一覧
浮気ガイド
離婚ガイド

最近の記事

ページ上部へ戻る