ブログ

離婚の原因は?

離婚の原因は?

日本では、約1分間に1組が結婚して、約2分間に1組が離婚している現状があります。
結婚したカップルの3組に1組が離婚する統計データです。
夫婦が離婚する原因には、どんなものがあるのでしょうか。

第1位 性格の不一致 ~ 生まれも育ちも違うから合わなくて当然?

男性の6割、女性の4割が「性格の不一致」を理由に離婚しています。
性格が合わないと感じると、お互いの間に距離感が生まれます。些細な事でも何度もそう思うことにより、離婚するしかない・・と思う夫婦が多いようです。でも自分とは違う部分を好きになったのも事実?

第2位 異性関係 ~ 恋愛は本能だから止まらない?

夫が浮気をしても1度や2度なら我慢するという妻も多いですが、妻の浮気を許せない夫は多いです。
浮気がバレても、逆ギレをする、謝らないなどの姿勢により離婚を決意するそうです。

第3位 暴力 ~ 精神的暴力(モラルハラスメント)も増加

モラハラはDVの一種で、身体的な暴力は伴わず言葉や態度など精神的な暴力で相手を攻撃します。
素直に謝ることがなかなかできないことや、自分を守るが為に他人を攻撃してしまう傾向があります。

第4位 家族(親族)問題 ~ 嫁姑問題?二世帯住宅?介護は?

親族との付き合いを強いられたなど、家族(親族)間のトラブルから精神的に追い詰められて、離婚するというケースも多くあります。

第5位 浪費 ~ お金の切れ目が縁の切れ目?

お金を使うことがをやめられない人は、借金をしてもお金を使用します。
お金遣いの荒さから、それを注意すると暴力などの問題に発展することもあります。

離婚の原因夫婦は、生まれ育った環境や時代、生い立ちが違うものの、各々違う男女が結婚生活をしていくものです。性格や価値観が違うのは仕方のないことです。
離婚原因のトップは、男女ともに「性格の不一致」や「価値観の違い」によるものです。
性格の不一致が生じてくることは自然なことですが、それを理解した上でパートナーの新しい魅力に気づいて共に人生を歩んでいこうと決断して結婚。
しかし・・・。
いざ生活を送るとなると、どうしても我慢できない問題が生じてきます。「性格の不一致」といっても中身は様々あり、例えば、金銭感覚の不一致、性生活の不一致、趣味や育児に対する考え、生活や将来設計に対する考えの違いなどがあります。

離婚原因で最も多いと言われているこの「性格の不一致」ですが、離婚の正式な原因としては認められていません。
各々の状況が違い判断基準も難しく、夫婦がお互いの努力によって円満な婚姻関係の改善に余地があると判断される可能性が高いためです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

関連記事

調査一覧
料金一覧
浮気ガイド
離婚ガイド

最近の記事

ページ上部へ戻る