ブログ

私が優秀な探偵になる!自分で集める不倫の証拠

不倫の証拠として確実なものは、不貞行為の記録です。
そのまま解釈すると、不倫相手と性行為をしている様子がわかる映像ということになります。しかし一般的に他人から見えるところで性行為を行うことはありません。その為、不貞行為をしていることが推認できるものも認められています。例えば、2人でラブホテルに入るところと出るところの映像などです。

この映像ですが、2人がホテルに出入りするところをどんなに綺麗に撮影されたものであっても、100%認められるというわけではありません(認められる可能性は高いですが)。不貞行為が推認できるかどうかは、裁判官の判断に委ねられるからです。
そこで重要になってくるのが、それだけでは決して有効とは思えないような証拠の集合です。
実はこれ、些細なものでも多くあればあるほど、浮気・不倫を推認できうる証拠を補強することができるのです。
主に、下記のようなものが挙げられます。

▲それだけでは決して有効とは思えないような証拠

  1. 夫・妻が家に帰ってこない日にやりとりしたメール、またはそれを記した日記
  2. 風俗店・キャバクラ店の名刺
  3. 交通系ICカードの履歴情報
  4. 使途不明な金銭(クレジットカード履歴やローンなど)

今回は、プロの探偵が集める証拠以外に、自分でどのような証拠を用意することができるかを考えてみましょう。

→ 不貞行為とは?


違法な手段で収集された証拠は有効?

違法な手段で収集された証拠
刑事事件においては、捜査当局の違法捜査を防止することを目的として、違法な手段で得た証拠は証拠能力がないものと判断されて否定されます。
一方、民事訴訟においては、明確に定められたものはなく、著しく反社会的な手段を用いて採集されたものであるなど、その証拠能力が否定されてもやむを得ないような場合を除いて、否定されることはないとされています。

不倫の証拠を集めるとき、配偶者のメールを盗み見るなど、違法になり得る方法で収集することもあるかもしれません。

つまり、もしそのような証拠であっても、これらの証拠能力が一方的に否定されることはないということです。
不倫訴訟の場合、配偶者の貞操(ていそう)義務違反の重さと比較して判断されることも多く、あまりに違法性が高い場合を除いて、基本的には認められることが多くなっています。また、慰謝料請求をされるようなケースにおいても、不倫の慰謝料に比べたら、夫婦間におけるプライバシー侵害の慰謝料は微々たるものに過ぎないのが現状としてあります。

例えば、配偶者のスマートフォンの中身を無断で見て、それを不倫の証拠にして慰謝料請求させたというケースであれば、スマートフォンの中身を勝手に見た際のプライバシー侵害による慰謝料よりも、不倫による慰謝料のほうが圧倒的に多いことがほとんどです。
しかし、これらの(厳密に言えば)違法行為が許されることがあるのは、あくまで浮気の疑いがあったが為に行った行為に対してであり、何も不審な点がないのに行ったものは、また別の話となります。

→ 恋人のスマホを勝手に見ていませんか?メールやSNSの盗み見は不正アクセス禁止法


ICカードの履歴を表示?配偶者の“抜き打ち”持ち物検査

ICカードの履歴を表示配偶者のカバンの中身、特に財布にあるレシートや手帳に記された内容は、あなたにとって良い情報になり得ます。写真を撮って記録しておくと良いかもしれません。中には、奥様が旦那様の交通系ICカードをこっそり拝借し、利用した駅の履歴を出して不審な行動を発見するといった人もいました。
これがきっかけで調査のご依頼を受けて、履歴にあった駅から調査を行い、実際に浮気の現場を抑えた例があります。


ICレコーダーの音声は、自分を守る武器にも盾にもなる!

ICレコーダーの音声証拠を収集する際、ICレコーダーは非常に便利です。
例えば、夫婦共用の車で不倫相手に会っている可能性があるとき、車内の分かりづらいところにICレコーダーを置いておけば、何か有効な会話を記録することができることもあります。
相手を自宅に連れ込んでいる可能性があるなら、家に置いても良いでしょう。ご自身の家なので、自宅内を盗聴しても違法性もありません。

「 ◯◯子、好きだよ。早く離婚して一緒になりたい。ここじゃダメだってぇ・・・」

不倫の証拠収集以外でも、誰かと会話をしたり契約をする際、会社などで嫌がらせを受けそうなとき、痴漢冤罪の際には被害者や駅員との会話を記録しておくなど、さっと操作して録音しておけば、後々役に立つ可能性は大いにあります。今はスマートフォンでも代用できるので、操作方法を確認することをオススメいいたします。


カーナビの履歴に動きあり!車内の様子

車内の様子配偶者が利用する車の中に情報が残されていることがあります。
座席に思い当たらない他人の毛髪が残っていないか、本人が普段買わないようなもののゴミは残されていないかといったところを見ます。レシートが残されていたりすれば、いつどこでどのような買い物をしたかがわかります。
また、ETCカードがあれば、その履歴を調べて大まかな外出先がわかることもあるので記録しておきましょう。


携帯電話・スマートフォン内の情報は証拠になる?

スマートフォン内の情報は証拠になるよくあるのが、携帯電話あるいはスマートフォン内の情報が証拠になったというケースです。
その情報とは、通話履歴(特定の異性と頻繁に電話)、画像(異性とのツーショットや親密な様子)、そしてメッセージのやり取りです。そのままプリントアウトするか、それ自体を写真で撮るなどして記録しておきます。
昨今ではとても多く利用される証拠の1つです。


しかし、このような持ち物を調べる行為も、絶対にバレないようにやる必要があります(やることを勧めているわけではありませんが・・・)。

探っているところを見られることはもってのほかであり、気をつけるのは元の状態を確実に記憶し、すっかり元通りにできるかどうかが鍵です。人にはそれぞれ持ち物の配置にこだわりがあることも少なくありません。スマートフォンはいつもテレビのリモコンの左側にあるのに・・・と勘ぐられては、少しの異変でも気付かれてしまうことがあります。
当然、これらの情報を無断で見ることはプライバシー侵害になり得ますし、刑法に触れる場合もありますので、いくら夫婦や恋人だからといっても気をつけなくてはなりません。

いずれにしろ、仮に行うのであれば、証拠収集は絶対にバレないように行わなくてはなりません。
相手がまだ油断をしているからこそ残される証拠もあるのです。もし警戒されてしまった場合、収集できる可能性がグンと下がってしまうでしょう。いくら優秀な探偵でも、対象者が警戒していると良い証拠を得るのが難しくなってきます。
しかし、仮に浮気をしていなかった場合には2人の関係に大きな溝ができてしまう可能性もあります。気になった瞬間に調べてしまうのではなく、そこまでする必要があるのか、今一度、よく考えてみましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

関連記事

調査一覧
料金一覧
浮気ガイド
離婚ガイド
ハーグ条約

最近の記事

ページ上部へ戻る