ブログ

悪いのは私、暴力から逃れられない女性の現実 ー DV(ドメスティックバイオレンス)

昨日(2016年5月11日)、NHKで放送されている「クローズアップ現代+」にてDV(ドメスティックバイオレンス)の特集が放送されました。

→ 【暴力から逃れられない ~密着・DV対策最前線~】

驚くことに現在、日本の夫婦、カップルの5人に1人はDVあるいはDVに繋がり得る被害に遭っている現実があります。
そんな中、警視庁の人身安全対策チームという総勢170人余りからなる、DV対策最前線のチームに密着しました。
DVやストーカーなど、被害者の安全確保が必要な事件が発生すれば都内全域に駆けつけ、当事者の間に積極的に介入し、一歩踏み込んだ対策を取ります。これは、今まで民事の色が濃いと比較的控えめであった体制を考えれば、革新的な取り組みであると思えます。

番組では、実際に被害に遭った20代の女性数名を保護する様子が報じられました。

【ファンデーションで傷を隠す女性】

ファンデーションで傷を隠す女性

【サンダルで出て助けを求める女性】

サンダルで出て助けを求める女性

暴力を受けて逃げてきた女性は、いざ被害届を出すよう促されると躊躇しはじめます。
中には相談の最中に夫からメールが届き、慌てて帰宅する女性もいました。被害を届け出たにも関わらず、他に身寄りがなく経済的に困窮し、結局元の夫のところに戻ったという女性もいました。警察の対策が進歩し、積極的に解決に取り組んでいるという希望が見えました。
反面、妻が言います。

「夫を逮捕させたくない、悪いのは私だ」と。

違います。あなたは悪くありません。あなたは幸せにならなければいけないのです。
当事者の心の推移は、まだまだ課題が残されていると感じざるを得ません。


<配偶者から被害を受けたときの行動>

配偶者から被害を受けたときの男性の行動
配偶者から被害を受けたときの女性の行動

<被害者の性別>

2015年 割合
男性 7,557 12,0%
女性 55,584 88,0%

<被害者の年齢>

2015年 割合
10代 1,272 2,0%
20代 14,272 22,6%
30代 18,636 29,5%
40代 15,833 25,1%
50代 5,975 9,5%
60代 3,864 6,1%
70代 3,225 5,1%

→ 詳しいデータはこちら


近年の統計において、いちばん被害の多い年齢は30代となっています。
男女比では女性の被害件数が圧倒的に多く、男性の割合は1割ほどです。しかしあくまで統計は認知件数であり、発覚した部分しか記録されません。
統計の数値は氷山の一角に過ぎません。

クローズアップ現代

この記事が気に入ったらいいね!しよう

関連記事

調査一覧
料金一覧
浮気ガイド
離婚ガイド

最近の記事

ページ上部へ戻る