防犯カメラ

  1. 今日から始める防犯術!空き巣・窃盗被害から我が家を守るちょっとした対策6つ

    帰省や旅行などで外出が増える年末年始。同時に増えるのは、家の留守中を狙った空き巣・窃盗被害です。全国で1日130件も発生している現実があります。空き巣や住宅侵入が多い時間帯は、不在になりがちな午前10時~午後4時の間です。留守宅だけでなく、在宅中に入り込む侵入犯もいます。

  2. 全国民を監視!イギリスで「のぞきのライセンス」こと調査権限法が成立でプライバシーの死か

    イギリス、現地時間の2016年11月29日。「のぞきのライセンス」「のぞき見の免許証」「詮索憲章」などと称される法案「調査権限法(Investigatory Powers Act)」が成立しました。

  3. 世界中の防犯カメラが丸見えの「Insecam」はプライバシー侵害?不正アクセス禁止法?

    Googleで「Insecam」と画像検索をすると、下記のような画像が検索されます。自宅内を映す防犯カメラ、裸の女性がリビングで寛ぐ様子、父と娘が家族団欒でテレビを見る様子、更衣室とみられる場所で女性が着替える防犯カメラの映像。

  4. 都庁の防犯カメラ映像が生配信?!世界中の防犯カメラが見られるWEBサイト「Insecam」

    以前、「ウェブカメラは見られてる?」の記事で、セキュリティ対策が甘い場合の危険性を取り上げましたが、その危険が現実化してしまいました。という、危険なWEBサイトが誕生しました・・・。こちらの画像をご覧ください(一部モザイク処理)。

  5. ウェブカメラは見られてる?

    ウェブカメラは見られてる?

    パソコンに設置されている「ウェブカメラ」の約3割が、ネット上で誰でも見られる状態になっていることがわかりました(出典:朝日新聞)。

調査一覧
料金一覧
浮気ガイド
離婚ガイド

最近の記事

ページ上部へ戻る