ストーカー

  1. 【実録】探偵が対処したストーカー調査の実態

    探偵はさまざまな調査を行います。ストーカー調査もその1つです。今回はオハラ調査事務所で調査し、解決に導いた恐怖のストーカー事例をご紹介したいと思います。 Case.1「思わぬ忘れ物からストーカー被害に」30代の主婦の方から1本の電話を受けました。

  2. 住所が特定される?SNSへアップした画像がストーカーや泥棒をおびき寄せる!

    SNSストーカーやネットストーカーが問題となっている昨今。当ブログでも、何度か記事に取り上げています。SNSで画像やメッセージを投稿する際に、明らかに住所がわかってしまうような内容をあげてしまうことは流石に減ってきたようです。しかし、気を抜くのはまだ早いです。

  3. 携帯番号から住所を調べるのはダメ!探偵が「受けられない」依頼とは?

    探偵業者には様々な依頼が舞い込んできます。 旦那の浮気を調べたい! 社員の行動を調べたい! 婚約者の素行を調べたい!などはお引き受けできる依頼ですが、中には引き受けられないような依頼を頼んでくる方もいらっしゃいます。

  4. 改正ストーカー規制法が成立、LINE・Facebook・Twitter等のSNSも規制対象へ 

    2016年12月6日に「ストーカー行為等の規制等に関する法律」いわゆる「ストーカー規制法」の一部を改正する法案が衆議院本会議で可決され、成立しました。今年5月に発生した小金井市のストーカー事件が、同法改正のきっかけとなりました。

  5. あなたのFacebook、Twitterは大丈夫!?SNSでエスカレートするネットストーカー

    2016年5月21日、東京都小金井市で芸能活動をする私立大学生の冨田 真由さん(20)が刃物で刺され重体となる事件が起きました。刺したとされる容疑者は、事件が起きる前にTwitterで執拗にメッセージを送り、冨田さんは警察にストーカー被害を相談していたようです。

調査一覧
料金一覧
浮気ガイド
離婚ガイド

最近の記事

ページ上部へ戻る