ブログ

不倫ブームの今!実際に浮気調査をする割合は?

昨今は不倫ブームと言われています。
ベッキー、いえ、石田純一からから始まった?不倫の実態が続々と暴かれています。
不倫ドラマも流行りだし、その影響か、不倫に憧れる主婦も増えているようです。
浮気調査を行なう探偵にとっては、朗報なのか、悲しい話なのか何とも言えない気持ちになります。芸能界でも不倫問題は絶えず、毎週のように報道され始めました。
これだけ不倫・浮気が流行しているということは・・・「探偵の調査は浮気調査が多いの?」と思われる方も多いことでしょう。答えは“ Yes ”です。日々の生活の中でのトラブル、その代表格が「不倫」なのです。

浮気調査の割合は?

では、実際に浮気調査の割合はどのくらいなのでしょうか?
ズバリその割合は、およそ70%です。各探偵社によって専門分野があったりなかったりというのもありますが、ほとんどの探偵社は浮気調査が7割ほどを占めると言われています。
もちろん、浮気調査以外の業務も行なっており、社員の素行調査、人探しや家出調査、結婚調査、盗聴発見調査、ストーカー調査など多岐に渡ります。
ただ、浮気調査の割合が多数を占めていることに間違いはありません。

浮気調査の対象者となる年齢層は?

浮気調査を依頼する人は、女性の方が多めです。
それもそのはず、男性は朝から晩まで働いており、人との出会いが尽きません。仕事中は家庭の事を忘れ、羽根を伸ばしてついつい浮気を…ということも多くなります。
とはいうものの、女性も働いている方はたくさんいらっしゃるので、奥さんの浮気を疑って調査を依頼する男性も増えてきています。

さて、浮気調査の対象者の年齢層は一体どうなっているのでしょうか?
一番多いのは、30代から40代の方々です。
その年代は結婚している人も増えて子供が生まれます。やがて子供が大きくなっていき、働いている夫は会社での地位も上がり、単身赴任も増えていきます。そんな頃に、浮気をしてしまう人が多いようです。

30代・40代  >  50代  >>>>  20代  ≧  60代以上

そして、意外に50代の人も多数に昇ります。
その年代のお子さんは成年を迎えて親元を離れます。夫婦2人きりになれるはずですが、意外と増えてきているのが「熟年離婚」。夫または妻の嫌な部分をこれでもかと見てきた彼らは、パートナーに嫌気がさしているのです。新たなパートナーを求めて、離婚をする前に浮気に走ります。50代の浮気が多いわけです。
逆に20代または60代以上の方々は、少ない傾向にあります。晩婚化により20代で結婚する人は少なくなっていること、60代以上の人は性交渉がなくなっていくことが原因であると思われます。

浮気調査 対象者は黒の可能性大!

依頼に来る方は、何か確信を持って相談に訪れます。
例えば、携帯の画面に誰かとやり取りしているのが見えた、ICカードの履歴を確認したら通勤とは関係ない駅を利用しているなどです。実際、そういった理由があって依頼をする方々の調査対象者は、黒である可能性が高いです。
「いつも飲み会を理由に帰りが遅いけど、実は浮気しているんじゃないか・・・」「携帯をよく触るようになって、ロックしている・・・」といった確信的でない理由をお持ちでも、どうぞ弊社にご相談ください。
我々の経験から、的確なアドバイスを差し上げて最適な解決方法を導き出します!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

関連記事

調査一覧
料金一覧
浮気ガイド
離婚ガイド
ハーグ条約

最近の記事

ページ上部へ戻る