結婚・良縁調査

結婚は、ー生に1度の大切な出来事です。
愛する大切なパートナーだからこそ、結婚前にきちんと知っておく必要があります。
決して疑うのではなく、相手を信じるために調査を行う必要もあります。
後になって「こんなハズじゃなかった・・・」とならない為にも。

結婚調査は必要?

2014年(平成26)の婚姻数は「64万3740組」です。
離婚数は「22万2104組」で、およそ3組に1組が離婚しています(参考:厚生労働省HP)。
結婚は当人同士だけの問題ではなく、相手方の親御さんや親族とも大きなつながりを持つことになります。パートナーとの間に大きな問題やトラブルが起こってからでは、取り返しのつかないこともたくさんあります。
離婚原因の第5位にも「家族(親族)問題」があり、親族との付き合いを強いられた、家族(親族)間のトラブルから精神的に追い詰められて離婚するというケースも多くあります。


SNSを利用した婚活現代はパソコン・スマートフォンの普及に伴い、インターネットが身近な存在となり「Facebook」や「Twitter」といったSNSを利用している人も多くいらっしゃいます。
「婚活ブーム」とも言われ、出会いのきっかけをつくる為のパーティーやイベントが数多く開催されたり、異性の出会いをコンセプトとした居酒屋もオープンしました。

インターネットでの出会いその為、SNSや出会い系サイト、オフ会などがきっかけで結婚に至ったという人々も増えてきています。
電車内では「婚活」・「結婚相談所」の広告をよく見かけるようになりました。このようなサービスや機会を利用することにより、人々が結ばれて幸せを掴む様子は微笑ましく、良い傾向と言えるのではないでしょうか。


結婚調査は何を調べるの?

これから2人で歩む道をしっかりと見据えるためにも、準備が必要なこともあります。
結婚する前に婚約相手のことをもっと知っておきたい!そんな方には探偵に依頼して「結婚調査」をするのがおすすめです。
実際、ご結婚される御子息・御令嬢のご両親から、ご相談・ご依頼も数多くいただいております。

3組に1組が離婚

▼主なご相談内容には、以下のようなものがあります。

  • 結婚相手の素行に問題はない?
  • 結婚相手の離婚歴とその理由は?
  • 結婚相手の異性・交友関係は?
  • 結婚相手に借金はないの?ギャンブル癖があったら?
  • 結婚相手の仕事は?別のところに行っていない?
  • 結婚相手の家族はどんな人?(※差別調査はしません)

【調査事項】

本人 学歴、経歴、性格、趣味、交友・異性関係、行動範囲、居住環境、勤務先・勤務状況、風評など。
家族 風評、各々の性格、各々の仕事関係、家族構成(兄弟姉妹・親族)など。

あなたのそばにも結婚詐欺師がいる!

しかし残念なことに、便利なものがあると、それを悪用しようとする人が出てくるのが世の常です。
良い人と出会い、幸せな結婚生活を送りたいといった素直な感情を悪用して、金銭を奪っていく者が世の中には潜んでいるのです。「結婚詐欺師」は、あなたの恋愛感情を悪用し、金銭などを奪っていきます。
その手口は巧妙で、例としては「仕事が上手くいかなくなった」・「実は借金があるんだ」などとでたらめなことを言い、同情心を煽ったり結婚願望を利用して、(かわいそうだからという理由で)あなた自らが金銭を渡してくるのを待ちます。
お金さえ受け取れば、逃げたり、精神的に参ったふりなどして別れたくなるよう仕向けることから、訴えても損害を取り返すことは難しく、中には被害に気づかない人もいます。
こういった被害に遭わない為にも、相手のことをよくよく知っておくことが必要となります。

オハラ調査事務所では、より良い結婚生活を迎えることができる為にも、ご尽力させていただきます。


【関連記事】

調査一覧
料金一覧
浮気ガイド
離婚ガイド

最近の記事

ページ上部へ戻る