離婚に関するガイド

  1. 浮気の証拠を掴まれて言い逃れる「夫婦関係の破綻」とは

    浮気の証拠を提出されて、浮気した側が調停や裁判で苦し紛れに言うのが「すでに夫婦関係は破綻していた」という主張です。たしかに、夫婦関係・婚姻関係が破綻している場合には慰謝料請求が困難になることがあります。

  2. 戸籍から離婚歴を消すには?新たなスタートを切るための離婚事情

    夫または妻の浮気、度重なる夫婦喧嘩によるすれ違い、長期の別居状態が続いたことなど、離婚をする理由はさまざまです。芸能人のように結婚してまもなく破局する「スピード離婚」や、息子・娘が親離れしてから離婚する「熟年離婚」の人もいます。年齢は違えど、それぞれの思いは一緒です。

  3. 親権を得たシングルマザーの約8割が養育費をもらっていない理由とは?

    日本での離婚件数は、ここ数年の間は減少してきました。それでも昔に比べると離婚する人は多くなりましたが、離婚する際に心配なのが、子供の問題です。親権を父親・母親のどちらが持つかということだけでなく、養育費の問題があります。

  4. 離婚時に子供の親権を得るのは8割強が母親!父親はどうなる?

    浮気調査で証拠を有しました。パートナーまたは相手に慰謝料を請求して離婚するとします。子供はどうなりますか?今年1月、離婚をめぐり子供の親権が争われていた裁判で、東京高等裁判所は妻を親権者とする判決を下しました。

  5. 夫婦で話し合いが前提?不倫による慰謝料の相場と財産分与

    2016年も残りわずか、寒さが身にしみる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

  6. バレたら離婚問題に発展!?夫・妻に秘密にしている嘘

    夫・妻に秘密にしていることは少なからずあるのでは!?ある調査では、パートナーに絶対に知られたくない秘密を持っているかという質問に、約4割の人が「持っている」と回答しています。中には「一生言えない」「墓場まで持っていく」ような秘密もあるでしょう。

  7. 私が優秀な探偵になる!自分で集める不倫の証拠

    不倫の証拠として確実なものは、不貞行為の記録です。そのまま解釈すると、不倫相手と性行為をしている様子がわかる映像ということになります。しかし一般的に他人から見えるところで性行為を行うことはありません。その為、も認められています。例えば、2人でラブホテルに入るところと出るところの映像などです。

調査一覧
料金一覧
浮気ガイド
離婚ガイド
ハーグ条約

最近の記事

ページ上部へ戻る