ブログ

「視覚探偵 日暮旅人」2017年の新ドラマがおもしろそう!?

寒さも一層増していく今日この頃、こんな日はコタツに入りながら、ゆっくり新ドラマを見たいですよね。
今期から始まる新ドラマをチェックしていると、気になるドラマを発見!
1月22日(日)夜10時から放送されるという「視覚探偵 日暮旅人」です。我々のような探偵という職に就く者ならば、要チェック?なドラマかもしれません。

主人公の名は、日暮 旅人(ひぐらし たびと)。
彼は探し物専門の探偵だそうですが、なんと五感の内、聴覚・味覚・触覚・嗅覚を失っていて、唯一残ったのは研ぎ澄まされた視覚のみ。その視覚を使って匂い、味、感触、痛みなどの見えないものを「視る」ことで事件を解決するというのです。常人には計り知れない能力を持っていることが伺えます。ちなみに小説が原作となっていますが、私は内容に関してまったく知りません(汗)。

五感の内、実際の探偵が失っては困るものは!?

無論、五感の全てがあるに越したことはありませんが、探偵が失って特に困るものは何なのか。

1.味覚

味覚探偵が味覚を失ったらどうなるでしょうか。
正直な話、味覚を失って仕事に支障は出ないでしょう。張込み中に食べる菓子パンが美味しく感じない程度です。けれども、味覚を失えば、ご飯が美味しく感じなくなり、食事をする楽しみが無くなってしまうので絶対に失いたくはありませんが・・。

2.嗅覚

嗅覚探偵が嗅覚を失ったらどうなるでしょうか。
浮気調査をしている時に嗅覚は役立つかもしれません。対象者が香水を付けていれば、その匂いを察知することができます。とはいうものの、尾行している時に対象者に近づくことはあまりありませんので、匂いを察知することは難しいです。アメリカの犯罪専門の探偵ならば、嗅覚は役に立つでしょう。犬並みの嗅覚があればの話ですが・・。

3.触覚

触覚探偵が触覚を失ったらどうなるでしょうか。
車で対象者を尾行中に支障が出そうです。触覚を失うと物を掴む感覚や接し方がわからなくなり、日常動作がぎこちなくなってしまいます。ましてや、死と隣合わせの車の運転中に操作がぎこちなくなってしまうと非常に危険です。身体のバランスがとれなくなり、普通に生活することすら大変ですので、触覚は非常に重要な感覚といえるでしょう。

4.聴覚

嗅覚探偵が聴覚を失ったらどうなるでしょうか。
聴覚を失うと、周りの物音(人が近づいてくる音、窓が開いた音等)が聞こえなくなり、張込み中に支障が出ます。尾行中においても、対象者の会話が聞き取れない、車や自転車が近づいてくるのを察知できない等の支障が出るでしょう。また、探偵業において「気配を感じる」というのは重要ですが、気配を察知するのに聴覚は大きな役割を果たしていると言われています。聴覚を失うと多くの支障が出そうですので、かなり重要な感覚の1つです。

5.視覚

視覚探偵が視覚を失ったらどうなるでしょうか。
言わずもがな、視覚は探偵にとって最も重要な感覚です。対象者を認識し特徴を捉える、対象者を見失わないよう尾行する、カメラで撮影して証拠を捉える等、視覚を使う場面は多すぎて書ききれません。日暮旅人が五感の内、視覚だけ残したのも納得がいきます。


結果、探偵が失って最も困る五感は視覚、次点で聴覚、触覚と結論付けます!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

関連記事

調査一覧
料金一覧
浮気ガイド
離婚ガイド

最近の記事

ページ上部へ戻る