いじめ

  1. いじめ訴訟の進展は – 大津市いじめ自殺事件から6年

    大津市立中学2年の男子生徒(当時13歳)がいじめを苦に2011年10月に自殺した事件で、当時の加害同級生3人らに損害賠償を求めた訴訟の弁論が今年11月にありました。自殺した生徒の遺族と大津市との間では和解が成立しましたが、加害同級生との間では「いじめの有無」に関して現在も争いが続いています。

  2. 多様化する少年非行の防止に探偵が協力!

    少年非行や少年犯罪は減少傾向にあると言われています。というのも、現代は少子高齢化社会であることが一因しています。しかし現代では、非行が多様化しています。

  3. いじめのサインは?なぜ子供は、いじめの相談をしないのか

    原発事故により福島県から横浜市に自主避難していた中学1年の男子生徒がいじめを受けていた問題で、横浜市の教育委員長は2月13日、男子生徒と同級生との金銭授受について「いじめの一部」と認めて謝罪しました。

  4. いじめ相談の5日後、新潟市の小学校4年生に担任が「菌」発言

    新潟市に住む小学4年生の男子児童が、その担任である40代の男性教師から児童の名前に「菌」をつけて呼ばれ、1週間以上も学校を休んでいるとのニュースがありました。児童は、福島第一原発事故を受けて福島県から新潟市へと自主避難していました。

調査一覧
料金一覧
浮気ガイド
離婚ガイド
ハーグ条約

最近の記事

ページ上部へ戻る